外壁塗装すべきタイミング

一番いい外壁の塗り替えのタイミング

新築時はピカピカだった壁も、徐々に汚れなどの気になる部分が増えてくるもの。そんなときにふと思い立つのが「外壁の塗り替え」。とはいうものの、本当にちょうどいいタイミングなのかな?という疑問をお持ちもの方は少なくないのではないでしょうか。

風雨や紫外線に直接さらされる外壁の塗装は比較的劣化しやすく、定期的に塗り替えないと建物自体の強度にも影響を及ぼす可能性があります。こちらでは、外壁塗装が必要な理由や塗り替えのタイミングについてご説明していますので、お住まいの状態と照らし合わせてみてください。また、外壁についてのお悩みやご相談はお気軽に当社へご連絡ください。

一番いい外壁の塗り替えのタイミング

なぜ外壁の塗り替えが必要なの?

外壁の塗装は、一般的に家の美観を保つためのもの、と考えている人は少なくありません。しかし、実は外観をキレイに見せるだけが目的ではないのです。

外壁に塗られている塗料には、雨や紫外線から壁や屋根を保護し、サビの発生を防止する効果があるのですが、この効果には寿命があります。耐用年数を過ぎた塗装をそのままにしておくと、建物自体の強度や機能に影響を及ぼしてしまうことがあります。この状態を回避して、建物の強度や機能を長く保つために外壁の塗り替えが必要になってくるのです。状態に応じた塗り替えを適切に行うことで、お住まいの美観だけでなく、強度や快適性を長く保ち続けることができます。

外壁塗装のタイミング

では、実際には塗り替えの時期はどのように判断したらいいのでしょうか? 同じ塗料を使っていても、条件によって塗り替えの必要な時期は異なります。そこで、下記に塗り替えのタイミングを知るチェックシートをご用意しました。このチェックシートの項目に1つでも当てはまれば、塗り替えの時期がきているのかもしれません。なるべく早めに当社にご相談ください。

 築後、もしくは前回の塗装から10年以上経過している

 塗膜にヒビ割れがある

 塗装面の汚れが目立つ

 ツヤがなく、変色しているような気がする

 壁に水がしみ込んでいる

 壁をさわると白い粉のようなものが手に付く(チョーキング)

 壁の表面に「サビ」や「小さな穴」が見られる

 塗装が剥がれてきている

 コケやカビが生えているところがある

タイミングが判明したら、次は業者選び 業者を選ぶ際におさえておきたいポイント