ちょっとした塗装を自分でするときのポイント

らくらくセルフペイント

最近では、ホームセンターなどでもさまざまな日曜大工の道具や材料が手に入るようになり、簡単な補修や作業であれば、ご自分で十分できるような環境になってきています。壁などの塗り替えも同様で、塗り替えるためのさまざまな塗料や道具が手軽に買え、ご自分で壁やベランダなどの塗装をされるご家庭も増えてきています。

一番いい外壁の塗り替えのタイミング

ただ、見よう見まねで塗り替えると、きちんとした工程を経なかったために周囲に塗料が飛び散ったり、塗装にムラができてしまったりして思うような仕上がりにならないといった声もよく耳にします。そこで、私たち塗装のプロが、ご自身でもキレイに仕上がる塗り替えの基本的な工程と注意点をご紹介します。今回は、ベランダの手すり部分の塗り替えを例にご説明します。

なお、あくまでも一般的な方法ですので、塗り替えの場所や使用する塗料などが変わると、工程も変わることがあります。当社では、ご自身での塗り替えの作業に関するご相談も承っています。ご不明な点やご心配な点がありましたら、気軽にお問い合わせフォームはこちらへからご質問ください。

ベランダの手すりの塗り替え手順

1.養生
塗装する部分以外の場所に塗料が飛び散って汚れないように、「マスキングテープ(紙テープ)」や「ガムテープ」、「マスカー(ナイロン紙にガムテープが付いているもの)」で塗装箇所以外を覆うことを養生といいます。床などには、新聞紙を敷き詰めることでも代用できますが、新聞紙は破れやすく塗料が浸透して付着することもありますので注意が必要です。
材料
・マスカー(ガムテープとビニールが一緒になった養生用シート)
・ガムテープ(布、紙などがあります)
・テーププライマー(テープが付きにくい場所用のスプレー式接着剤)
・ほうき(細部の掃除がでるきような小さなもの)
購入場所
ホームセンター・ネットショップ
作業

(1)汚れてもかまわないような服装で準備に取りかかります。

(2)ガムテープがよく付くように、ほうきなどでキレイに掃除をします。

(3)塗装する手すりの部分と床部分の境目にマスカーを貼ります。マスカーがうまく貼れない場合は、テーププライマーを使って接着します。

(4)ビニールを広げて、床を覆います。塗料が飛び散って床が汚れないように、広めに覆ったほうがいいでしょう。

(5)風で飛ばされないように、ビニールの端をガムテープでしっかりと止めます。

2.掃除・ケレン(下地調整)
ワイヤーブラシなどを使って、塗装する場所のサビや古い塗膜をキレイに取り除きます。下地調整は塗料の密着性を高め、長持ちさせるために、塗装前には必ず行うとても重要な工程です
材料
・ナイロンタワシ
・ハンドパッド(サビ落とし用のパッド)
・ワイヤーブラシ
・サンドペーパー(布、紙どちらでも可)
購入場所
ホームセンター・ネットショップ
作業

(1)雨にさらされている場所など、サビの発生しているところは、ナイロンタワシやハンドパッドでサビを完全に削り落とします。隅などの狭い部分は、細長いワイヤーブラシなどでサビを取り除きます。

(2)サビが付いていない部分は、サンドペーパーで全体を研磨します。塗装面を研磨して細かなキズを付けておくことで、塗料の密着性が高まります。

(3)サンドペーパーによる研磨では、前の塗装の粉(チョーキング)も落とすことができます。

3.下塗り
下塗りとしてサビ止め塗料を塗ることで、サビを防止するとともに、上塗り塗料の密着性を高める効果もあります。
材料
・サビ止め塗料(溶剤系と水性があります) 
・シンナー(溶剤系の塗料を薄めるための希釈剤です)
・刷毛(幅が2~5cmくらいの大きさの違うものを2、3本用意しましょう)
・ローラー(広い部分を塗るためのものです)
・下げ缶(塗料を入れたり、希釈したりするための容器です)
購入場所
ホームセンター・ネットショップ・塗料屋さん
作業

(1)溶剤系のサビ止め塗料の場合はシンナーで、水性の場合は水で希釈します。希釈の割合は塗料の缶などに書いてありますので、それを参考にしてください。

(2)塗料と希釈剤(シンナーまたは水)が均一になるまでよく混ぜます。

(3)角や隅などの塗りづらい細かな部分から先に刷毛で塗装します。このような部分は、幅の小さな刷毛を使うとうまく塗れます。

(4)細かい部分を塗り終えたら、広くて塗りやすい部分を塗装していきます。この部分はローラーが使えれば、時間を短縮できます。塗料をサッと均一に塗っていきます。ある程度塗り終わったら、再度塗り広げていきます。塗料がムラなく均一な厚さで塗れるように慎重に塗りましょう。

4.中塗り
仕上げ用の塗料を使って中塗りします。この時点で仕上げることもありますが、サビがあった場合などは、耐久性を高めるためにも中塗り、上塗りの両方の作業を行ったほうがいいでしょう。
材料
・仕上げ塗料(シリコン系、ウレタン系など多くの種類があります)
・シンナー(溶剤系の塗料を薄めるための希釈剤です)
・刷毛(幅が2~5cmくらいの大きさの違うものを2、3本用意しましょう)
・ローラー(広い部分を塗るためのものです)
購入場所
ホームセンター・ネットショップ・塗料屋さん
作業

(1)中塗りの作業自体は、基本的には下塗りと同じと考えてください。使用する塗料の量は、目安として一般家庭のベランダや手すりでは、4kgくらい、屋外の鉄階段などの場合は、一斗缶を用意したほうがいいでしょう。

(2)溶剤系のサビ止め塗料の場合はシンナーで、水性の場合は水で希釈します。

(3)塗料と希釈剤(シンナーまたは水)が均一になるまでよく混ぜます。

(4)下塗りと同じように、ムラなく均一に塗っていきます。

5.上塗り
仕上げ塗装ともいいます。上塗りの出来次第で、塗装の仕上がり具合が大きく違ってきますので、慎重に作業しましょう。
材料
・仕上げ塗料(シリコン系、ウレタン系など多くの種類があります)
・シンナー(溶剤系の塗料を薄めるための希釈剤です)
・刷毛(幅が2~5cmくらいの大きさの違うものを2、3本用意しましょう)
・ローラー(広い部分を塗るためのものです)
購入場所
ホームセンター・ネットショップ・塗料屋さん
作業

(1)使用する塗料、作業ともに中塗りの工程と同じです。

(2)溶剤系のサビ止め塗料の場合はシンナーで、水性の場合は水で希釈します。

(3)塗料と希釈剤(シンナーまたは水)が均一になるまでよく混ぜます。

(4)中塗りと同じように、ムラなく均一に塗っていきます。

(5)最後に塗り残した部分がないかを確認し、塗り残しが見つかったら、そこの部分だけを小さな刷毛を使って塗装します。狭い場所や見えにくい場所などは特に気を付けて確認します。

(6)塗料が完全に乾いたら、養生をゆっくりと剥がします。

(7)使用した道具をキレイに片付けたら完成です。

塗装の際の注意点

プロの職人のように滑らかで均一に塗るには熟練した技術が必要です。しかし、素人の方でも以下の点に気を付けることで、かなりキレイな仕上がりになりますので、塗装の際の参考にしてください。

上から順番に……

基本的には、塗料は上から塗っていきます。塗装の前に塗る順番を頭の中でイメージしておけば、スムーズに作業できます。

一度に塗料をたくさんつけない

塗料をたっぷりつけて塗ると、塗膜が強くなるように思われがちですが、そうではありません。塗料は、薄くても均一に塗るほうが耐久性の高い塗膜になるのです。また、薄くて下地が透けるような場合は、2度塗りで補うことをお勧めします。

一気に全部塗ろうとしない

手すりの柱のような多くの面を塗装するような場合は、一度にすべての面を塗らず、何面か塗ってそこが乾いてから他面を塗るようにすると、キレイに仕上がります。

塗り残しを見つけても、途中で止めない

塗装の途中で、塗れていない部分が見つかっても、触ったりせず乾くまで待ってください。乾燥する前に触ると、塗料が引っ張られてキレイだった塗膜の表面が台無しになってしまうことがあります。塗料が完全に乾いてから、塗り残した部分だけを小さな刷毛で塗るほうがキレイに仕上がります。

難しい場所はプロにお任せください

簡単な塗装だと思ってやり始めてみたら、以外と手間がかかってしまったり、思ったような仕上がりにならなかったりして、満足のいく結果にならなかった経験はありませんか? また、小さい塗装だから工務店や業者では受けてもらえなのでは、とお考えではありませんか?

そんなときは、私たち山恵塗装にお気軽にご相談ください。当社では、普通の塗装業者では引き受けないような小さな施工でも、決してお断りしません。塗装規模の大小に関わらず、熟練の塗装技術で丁寧な施工をご提供しています。

難しい場所はプロにお任せください

山恵塗装のこだわりキーワードは、「お客様目線」「きめ細やかな対応」「熟練の職人技」「スタッフ教育」「豊富な提案力」です!