塗料の特徴を比較

どの塗料が一番なの?

外壁塗装に使う塗料には、さまざまな種類があり、それぞれにメリット・デメリットあるため、どれが一番高品質であるのかを一概にいうことはできません。お住まいの外壁の状態やお客様のご希望、ご予算などによって、適した塗料は異なってくるのです。そのため当社では、多くの種類の塗料を取り扱い、その中からお客様のご要望と外壁に適した塗料と施工方法をご提案しています。

以下で一般的な塗料の種類と特徴をご紹介しますので、塗り替えをお考えの際には、塗料を選ぶ目安としてください。

どの塗料が一番なの?

種類
耐久性
価格
特徴
アクリル系 5~8年 比較的安価 新築の外壁によく使われている、一般的な塗料。費用は抑えられるが、こまめなメンテナンスが必要。
ウレタン系 6~10年 標準的 紫外線による劣化が少なく、また撥水性にも優れた塗料。塗膜にツヤがあるが、経年で変色する可能性がある。
シリコン系 8~15年 やや高額 紫外線に強く、汚れの付きにくい塗料。耐用年数も長く、塗膜にツヤと弾力があり、人気が高い。
フッ素系 12~20年 高額 紫外線や汚れなどへの耐久性が高く、耐用年数も長い塗料。塗膜に光沢があり硬度も高い。

外壁塗装費用の目安

山恵塗装のオススメ塗料

塗料にはそれぞれ違った特徴があるため、使用する目的によって選択は変わってきます。そのたくさんある種類の中でも、当社では現在、エスケー化研株式会社の「水性セラミシリコン」を特にお勧めしています。「水性セラミシリコン」は、安全な水性塗料であるうえに、防水性、防汚性にも優れています。さらに、塗装の美しさが長持ちし、紫外線やカビなどにも強い耐久性を示します。これらの効果が長期間持続するため、総合的に外壁にかかるメンテナンスコストを抑えることにもつながるのです。

お見積もり・お問い合わせはこちらから